研究室目次に戻る



中国株投資5年目の教訓
中国株の勘所とは


ほたるの中国株投資は2004年4月に始めて以来、丸4年になりました。


高騰するなか、中国株投資を始めて、まもなく相場が暴落。以来、ナンピンと我慢の連続でしたが、昨年2008年後半、中国株は過去に例を見ない急騰相場を経験しました。

そして、2008年は米国発のサブプライム問題が炸裂。戦前の大恐慌以来の経済危機に直面しました。

私の金融資産も最高2600万円まで急騰したあと、2008年4月現在は1800万円まで減少しましたが、2004年から通算すると80%以上の投資利回りを維持。成長する市場に長期で投資する威力を実感しています。

ほたるの投資は10年間の長期投資ですから、残りあと6年。マラソンで言うと、まだ15キロ地点ですから、ここで喜びも悲観もしていません。

むしろ、大切なのは、この一年間の投資で反省点を見つけ、今後に生かすことの方が何倍も大切です。

というわけで、この4年間の中国株投資を振り返って感じたこと、教訓になったことをお話します。

投資を始めて1ヶ月ほどで含み損が40万円。当時は200万円ほどしか投資していないのに40万円も含み損を抱えたのですから、相当、動揺しました。ず、気分が相当悪かったですね。

しかし、今にして思えば、
急落したときが最大のチャンスでした。その体験を2008年にも生かそうと、暴落時は絶対売らずに、むしろ買うという姿勢に徹しています。

というわけで、長期投資を実践して得た教訓です。

教訓@絶好調時の買いは慎重を期すこと。

下がった株は必ず騰がります。「逆も、真なり」で、騰がったものは必ず下がります。ですから、誰もが先行きに不安が一切なく、まだまだ暴騰すると夢を抱いたり、株式の利益で家を建てたりといった景気の良い話が聞こえ始めたら、売りの準備をします。

しかし、人間の心理とは不思議なもので、他人が景気の良い話をしていると、むしろ株を買いたくなります。そのときに、自分を律することができるか、そこが勘所です。がします。

教訓A暴落時は絶対に買うと意識すると成功率は高まる。

その逆の話になりますが、暴落すると、まだまだ下がるような気がして、今度は誰も買わなくなります。「何千万円損をした」とか、「やはり投資は怖い」といった話題で持ちきりになります。

すると、ますます誰も買おうとしなくなります。しかし、そういうときこそが買い場だと考えます。

教訓B長期投資は銘柄の安定感や配当にも注目する。

銘柄を個別的にみてみます。

かつて大人気だった電力株は原油価格の高騰で、2004年から長いこと冬の時代でした。私の保有銘柄は何度かナンピンを入れ続けました。そうしているうちに原油高は一服し、電力会社も低コスト体質に変化。逆に、高収益に転換。そして、2007年には1株につき1株の株式配当(無償)を実施すると発表し、以来、株価は急騰しました。

インフラ銘柄の代表格というと、電力銘柄に匹敵するのが高速道路です。

この高速道路も苦戦しました。しかし、高速道路も高配当が期待できます。ですから、電力銘柄と同じような姿勢や気持ちで保有し続けましたし、現在は買価の2倍ほどに上昇しました。今後も長期ホールドです。

教訓C含み損銘柄だけでなく、含み益が出ている銘柄も買い増しすること。

私は2007年暮れから2008年にかけての暴落相場で、アンガンと中国アルミを買い増ししました。双方とも、買価の数倍に上昇していましたが、中国の将来を考えたとき、高品質の鉄鋼とアルミの需要は増えることはあっても減ることは考えられません。

ですから、暴落時は優良銘柄を静かに買い増しておく絶好の機会と考えました。

これは、2005年4月に万科企業(200002)を買い増しした経験を踏襲したものです。購入した直後は約定価格より下落しましたが、2007年には万科企業は騰落率+450%まで急騰。2008年4月現在では騰落率が700%に上昇。しかも、無償で10株につき5株の株式配当(無償増資)も予定されています。

優良銘柄は黙って保有していると、グイグイ成長してくれますから、買い増しのタイミングもまた重要です。

今後、中国の消費市場がブレイクすることを想定し、現在、に割安に放置されている銘柄を見つけ、仕込んでおくという姿勢で投資を継続したいと思います。

中国株投資5年目の教訓と決意は、当サイトの日記「独り言」にも詳しく書きましたので、ご関心のある方はご覧になってくださいね。


中国株への新規参入証券が増えた!!

中国株を扱う証券会社が増えると、どういうメリットがあるのでしょうか。

競争相手が増えると、利用者獲得競争が激しくなり、当然、魅力的な料金やサービスを提案するようになります。思いつくだけでも、手数料や口座管理料、管理画面の使い勝手、中国株ニュースの充実など、先行証券会社がうかうかしていると、あっという間に主導権を奪われるかもしれません。

と同時に、日本株に投資している投資家が中国株にも投資するようになれば、中国市場の資金量が厚みを増します。中国当局は中国の保険資金にも株式市場で運用することにGOサインを出しましたから、これに日本の個人投資家の資金も流入すると、株価にも好影響を与えそうです。

中国株投資を実践して感じるのは、投資金額が大きくなると証券会社に支払う手数料はバカにならないということです。なぜなら、中国株は外国に投資するわけですから、為替手数料も余計に必要です。

ですから、私たち賢明なる投資家は、中国株を始める証券会社の資料をたくさん取り寄せて、比較検討し、コスト安と使い勝手の優れた証券会社を見つけることが中国株投資の第一歩といえます。

現時点で、新たに中国株に参入・または参入予定の証券会社を紹介しますね。

(各社のサービスや手数料は刻々と変化しますので、くれぐれも正確なことは資料を取り寄せたり、証券会社に質問して疑問点を解消してくださいね。マネックス証券と日興ビーンズは5月に合併予定。オリックス証券は6月から参入予定)

期待の中国株参入証券(詳しい説明はこちら

 
当サイトからの口座開設数NO1〜3は下記の証券会社です!






オススメです

「中国株二季報 2006年夏・秋号」
日本株でいう「四季報」に匹敵する「二季報」2006年夏・秋号が発行されました。この種の本はいくつか発行されていますが、香港、上海、深セン各市場の上場企業を研究するのには一押しです。何よりも見やすく、データーが整理されています。しかも、解説も的を得ていて中国企業を分かっている人が書いているな、という感じがします。割安株はどれか、自分で研究したうえで、投資したいという中国株投資家にとっては必携の一冊です。

. 「一目でわかる 中国有力企業と業界地図」
トヨタと第一汽車、三洋電機とハイアールなど日本企業との大型提携も話題を呼ぶ有力企業群を、中国の業界事情とあわせて徹底図解。グループ構成や成長の背景が一目でわかり、表紙裏に中国有力企業地図を掲載しています。

主な目次は以下の通りです。
序章 中国経済と中国企業の現在 第1章 家電業界 第2章 自動車業界 第3章 IT業界
第4章 通信業界 第5章 エネルギー業界 第6章 銀行・保険業界 第7章 食品・医薬品業界 第8章 流通業界
第9章 運輸業界 第10章 コングロマリット・不動産業界

「大儲けした12人のオリジナル株投資」
一般の個人投資家12人を徹底取材しています。今話題の中国株で儲けた人、信用取引で大きく利益を出した人、IPO銘柄に注目して資産を増やした人など、いろいろなタイプの成功者を網羅。勝っている個人投資家は何を目安に銘柄を決め、どう売買しているのか?そこにある秘訣を完全公開しています。

  


「中国株で本当に儲けた投資術」
73万円を元手に中国株を始め、6年間で1億円にした小泉鉄造氏が教える中国株投資の最強指南本。為替や手数料など、実際にやっているからこそわかる細かい情報や、2004年3〜4月に、小泉氏が中国を現地視察してわかった企業情報や最新動向を惜しみなく紹介。保有する目的にあわせた推奨銘柄(長期保有、中小型株、中短期で利幅が取れるなどの項目別)を掲載しています。巻末には小泉氏がこれから仕込もうと考えている6銘柄を袋とじにしています。 いつ、どんな株を買えばよいかがこの本1冊でわかるはずです!

「中国株の基礎知識」
「お金儲けの神様」邱永漢がブームの中国株投資の極意を伝授しています。Q先生曰く「株式投資をやるなら経済の成長しきった国でやるよりも、高度成長の波に乗りはじめて、これから成長が続く国でやるに限る。私は早くから中国株に注目するように注意を喚起した。結果、一挙に株価が3倍にも5倍にもハネ上がり、それらが誘い水になって中国株に参入する人が激増した。遠くない将来に、世界中の投資家が一斉に中国株に目を向ける時期が来るでしょう」とご託宣しています。中国株にどういう思考で臨んだらいいのか、中国人気質や中国の文化的基礎も交えた解説は一見の価値があります。

ネットで本を買う利点は?
@ 本屋さんまで行く時間を節約できます。
A 本屋さんは在庫切れ、無駄足のリスクがあります。
B 本屋さんまで行く交通費が節約できます。アマゾンと楽天ブックスは1500円以上購入で送料無料です♪

検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ!
検索エンジン登録代行・検索エンジン上位表示でアクセスアップ! 1980円〜!