信玄の和歌


信玄の親族


信玄・縁の城


信玄の合戦
(川中島以前)


川中島の合戦


信玄の合戦
(川中島以後)


甲陽軍鑑


甲州法度之次第


信玄の信仰


遺跡(墓)


武田家の史料


リンク


トップ


武田軍旗



   早春山
いまもなほ雪けながらにみ吉野の山にや春のたちはじめけん

   海霞
見せばやな海づら遠く霞ゆく難波のみ津の春のあけぼの

   朝鴬
待ちわびし真屋の軒端の呉竹に塒さだめよ今朝の鴬

   残雪
春ながら眺めにまがふ我宿の花の梢の雪のむら消え

   梅風
訪ねつる梅の立枝は知らねども袖にぞ匂へ軒の春風

   岸柳
河沿ひの岸の春風吹くからに梢波寄る青柳の糸

   春月
雲はらふ四方の春風吹くなべに秋よりさきの月の夕影

   帰鳫
友さそふ雁の帰るさ春暮れてひとり越路の月の啼くらん

   待花
咲かぬまも春の夕べをみ吉野の山の白雪花と知れとや

   見花
見るからに花や何れと白雪のたなびく山の春の夕暮れ

   夕花
あかなくもなほ木のもとの夕映えに月影やどせ花も色そふ

   山家花
思はずよ春に訪はれし山里の花こそ今日の知るべきなりけれ

   落花
訪ねばや散るはをしほの山桜さそふ嵐に花や残ると

   苗代
山河をまかせてみれば春来ぬと苗代小田に蛙なくなり

   雲雀
霞むより心もゆらぐ春の日に野辺の雲雀も雲に啼くなり

   野菫
菫咲く野分の袖のおく露を払ふもよしや春の名残に  

   河款冬
玉河の岸の山吹咲きしよりも波も色なる春の暮方

   浦藤
濡れつつも折りてかざさん水底に紫ふかき田子の藤波

   暮春
まれにあふ弥生の空も今日暮れぬ明日や形見の花の衣手

   更衣
花の色になれし袂も今朝よりや緑に替ふる蝉の羽衣

   卯花
板間より漏れぬばかりぞ古里の卯花月夜影のさやけき

   夜郭公
うちつけにそれとも聞かじ杜鵑人待つ山の夜半の一声

   杜郭公
ほととぎす今一声尋ねてきて我さへ宿る森の下陰

   早苗
雨過ぐる門田の田子の濡れ衣干さでや今日も早苗とるらし

   池菖蒲
あやめ生ふる池の汀の草茂げみいづれをそれと分けや引かなん

   花橘匂
袖の香を花橘にうつしきて風のたよりや故郷の友

   五月雨
五月雨に庭の遣水瀬を深み浅茅が末葉波寄するなり

   水鶏
頼まずよまた夜をこめて槙の戸をたたく水鶏に夢もむすばず

   夏月
端居して山の端かこつ夏の夜は月見るからに過ぐる東雲 

   瞿麦
かつ見てもなほ色ふかし常夏のいやはつ花の今日の夕映え

   夏草
我が宿の軒の下草夏ふけて誰分けよとや生い茂るらむ

   鵜河
そことなく眺めもつづく丈夫が夜川に映す篝火の影

   夕立
吹き払ふ遠の外山の夕立にまだ雨のこす峯のむら雲

   納涼
夕涼み岩井の水の底清みまだきに秋の風通ふらし

   初秋露
秋来ぬと幹の忍に風さえて袖にしられぬ庭の朝露

   七夕雲
七夕の雲の衣を敷妙の枕さだめぬ天の川風

   庭荻
荻の葉に身にしむ秋の風そへてさらにものとふ庭の面かな

   庭荻
さらぬだにもの思ふ庭の荻原や末吹きなびく秋風の声

   野虫
聞かじただ小野の虫の声なほただならぬ秋の寢覚めに

   初鳫
秋来ての心づくしは夕暮れの雲の涯たての初鳫の声

   原鹿
供をなみ真葛の原に仮寝して寂しさそふる小男鹿の声

   原鹿
吹きさまよふ嵐のつてに小男鹿の声に目覚ます原の仮伏

   秋田風
小山田の稲葉をしなみ吹く風に月影うつす露の白玉

   秋田風
山田守る賤か庭前に訪れて稲葉もそよぐ秋の夕風

   秋雨
秋の夜は窓うつ雨のそぼちつつ枕に近き軒の玉水

   河霧
明るくともえこそは見えね河霧に跡たちかくす宇治の柴舟

   池月
雲もなき空の眺めを広沢の池より遠の月のさやけき

   山月
夜なよなに寝られぬものを秋の夜は思い入るさの山の端の月

   浦月
波枕宿るやとこの浦風に浮寝さだめぬ秋の夜の月

   古寺月
思ひ来しとよらの寺の秋の月同じ眺めも心澄むやと

   残月
見るままに夜は更けぬらし月残る西こそ秋のひとしほの空

   擣衣
待つ夜半も遠里小野の秋風に間遠の衣今や擣つらん

   野分
浅まだき野分の風の吹くからに庭も籬もなびく草むら

   野分
吹きなびく尾花が末は波こそ野分につづく浜の秋風

   垣葛
賤の男の垣根の葛のうら風はうらみてもなほ訪ふ人もなし

   水辺菊
我が宿の籬の菊の幾世経て玉しく露や庭の遣水

   峯紅葉
染めてけり間もなく時雨の降るままに色づく木々の峯の紅葉は

   残秋
長月の空にや秋のかへるらん遠ざかりゆく夜半の虫の音

   落葉
冬きぬとけしきの森の木枯にいつしかつもる落葉なるらん

   時雨
降りそふる袖の涙に夕時雨さらでも寂し冬の寝覚めは

   野霜
野辺はみな露おきまよふ群薄穂に出し秋の名残さへなし

   江寒芦
難波江の芦の葉分けの風荒れてよる満つ潮の音の寒けさ

   池水
池水の軒の松風吹きわけて衣手寒し凍る霜夜は

   冬月
冴えさゆる夜半の嵐に雲はれて雪に光をのこす月影